デイビッドセインホストファミリーの、VOAという英語放送は、日本における英語を学習する者の間でずいぶんと知れ渡っており、TOEIC650~850点の段階を目指す人たちの教科書として、広く認められています。
デイビッドセインホストファミリーでも、Youtubeのような動画サイトとか、WEB上の辞書ソフトとかSNSなどの活用により、国内にいながら気軽に『英語シャワー』状態ができるし、すばらしく効果のある英語の訓練ができます。
英語ならではの金言名句、ことわざなどから、英語を吸収するという作戦は、英語修得をより長くキープしていくためにも、何が何でも活用して頂きたいと思います。
単に聞き流すだけのただ英語のシャワーを浴びるだけではリスニング効率は変わらないのです。
リスニングの精度を向上させるなら結局のところ、重点的な何度も音読し発音することが肝要だと言えます。
「他人の目線が気になるし、外国人そのものに肩に力が入る」という日本人が多くの場合持つこのような2パターンの「メンタルな壁」を取り去るのみで、英語自体は容易に使えるようになる。
人気の『ドラえもん』の英語版の携帯アプリ「ドラえもんイングリッシュコミックス」etc.も揃っていたりするので、効率よく使うとすごく固いイメージの英語が近くに感じるようになります。
ふつうアメリカ英語を話す人と話すという機会はよくあるが、英語を話せるフィリピン、インド、メキシコ等の人達など、本当に発音が訛っている英語を聞いて訓練するということも、なくてはならない英会話能力の一要素なのです。
Skypeを使った英語学習は、通話にかかるお金がかからないので、思い切り財政的に嬉しい勉強方法です。
家から出ることもなく、好きな時に場所も気にせずに学ぶことが可能なのです。
アメリカのカンパニーのカスタマーセンターのほとんどは、ほんとうはフィリピンに配されているのですが、電話で話し中のアメリカ在住の人は、その相手がフィリピンに存在しているとは考えもしないと思います。
評判のロゼッタストーンは、日本語を使わないで、学びとりたい言語だけを使うことで言語そのものを身につける、ダイナミック・イマージョンという呼称の勉強方法を使っています。
元より直訳することは排除し、欧米人独特の表現を倣う。
日本語の思考法でなんとなく文章を作らないようにすること。
よく使われる表現であればあるだけ、単語だけを英語として置き換えたとしても決して英語にはならない。
オンライン英会話のあるサービスは、最近注目されているフィリピンの英語学習を上手に活用した教材で、英会話というものを体得したい我々日本人に英会話学習の機会をリーズナブルに供給しています。
英語しか使わない英会話クラスならば、日本の言葉を英語に置き換えたり英語から日本語に置き換えたりといった翻訳する工程をまったく消失させることで、英語で英語をそっくりそのまま解釈する思考回路を脳に築くわけです。
いわゆる英会話の総体的な力をつけるためにNHKの英会話プログラムでは、題材に準じた対話をしてスピーキング能力、そして分かりやすい英語ニュースや歌等の多岐にわたるネタを用いることによって「聞く力」が会得できます。
通常英会話では、最初に文法や語句を覚える必要性があるけれども、差し当たり英語で会話するための目標を確実に設定し、いつの間にか張りめぐらせている精神的な壁を崩すことが重要なポイントなのです。

↓くわしくは、オススメをご覧下さい。↓
デイビッドセインホストファミリー 体験談

関連記事